ネキシウムと太田胃散の胃薬としての強さについて

ネキシウムと太田胃散の、それぞれの胃薬としての強さについでお伝えします。
まず、ネキシウムについてですが、ネキシウムは、病院やクリニックで処方される、処方箋が必要な医薬品になります。
成分名は、エソメプラゾールマグネシウム水和物と言われるものです。
ネキシウムは、プロトンポンプインヒビターという胃薬に分類されますが、プロトンポンプインヒビターは、同じ、胃酸の分泌を抑制する作用を持つ、H2受容体拮抗薬や、また他の系統の胃薬と比較しても、その胃酸の分泌を抑制する作用が強力であり、また、プロトンポンプインヒビターの様々な薬剤の中でも、ネキシウムは、効果が高いと言われています。
一方、太田胃散は、ドラッグストアや薬局で購入することができる、市販の胃薬です。
成分としては、健胃生薬として、ケイヒやウイキョウ、ゲンチアナなどを含み、弱った胃の働きを助け、胃液の分泌を調整するものや、制酸剤として、炭酸水素ナトリウムや沈降炭酸カルシウムなどを含み、胃の中の酸度を中和するもの、また、消化酵素としてビオヂアスターゼを含み、でんぷんやタンパク質の消化を助けるものが含まれています。
更に、添加物としてですが、L-メントールを含むため、薬剤として胃に直接作用するものではありませんが、胃の不快感をとってくれるものになります。
太田胃散の胃薬の強さとしては、強力ではありませんが、胃の不快感を感じた時にすぐ入手することが可能です。
いずれの薬剤も、体に合わない可能性があるため、飲み始めは注意が必要です。
強すぎる薬剤を選んでも、薬剤の副作用の発現の危険性が高まり、効果の弱い薬剤を服用しても、なかなか症状が治らなかったりすることもあります。
胃薬を選ぶ時は、薬剤自体の強さ、効果の高さから判断することも大切ですが、まずは、自分の胃の症状に合ったものを選ぶようにします。